プラタナスの綿毛飛散対策 剪定や薬剤、予報システムも

上海市緑化和市容管理局は最近、市内に植えられた街路樹「プラタナス(法国梧桐)」の綿毛が飛散時期を迎える中、飛散防止のため市が実施している取り組みを発表した。

同局によると、交通量の少ない夜間に木を剪定するなどの措置を講じたが、木が高すぎることや騒音による苦情などで作業は難航。市はほかに、人体・環境に影響の少ない薬剤の使用を検討しており、綿毛の飛散状況を知らせる予報システムも開発中だと言う。同局は基本的な対策として、外出時にメガネ・マスクを着用するよう市民に呼び掛けている。また、皮膚に付いた綿毛は洗い流せるが、アレルギー症状が出た場合、医師に相談してほしいと話す。

現在市では、街路樹の約28%に当たる30万本のプラタナスが植えられている。根が深く害虫が少ない点から都市環境に最適だが、綿毛が毎年4月から5月に飛散し、市民を悩ませている。

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2019年5月17日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP