上海観光フリーパスが登場 50カ所以上の観光地が集結

大手チケット会社「レジャー・パス・グループ」は近頃、上海市内の観光スポット50カ所以上のフリーパスポート「上海パス」を発売した。

同チケットが使える観光スポットは、浦東新区の「上海ディズニーリゾート」や「東方明珠塔」、「上海野生動物園」のほか「黄浦江クルーズ」や「バスツアー乗車」、「リニアモーターカー乗車」なども含まれる。チケットは、1~3日間の「デイチケット」と、3~5カ所の観光地が選択でき、指定された期間内に使用する「チケットセット」の2種類を用意。「デイチケット」では、テーマパークや動物園などメジャーな観光地が1日1カ所入場無料に、そのほかの博物館や公園などが期間中無制限で入場無料となる。

料金はデイチケットが348~959元、チケットセットが275~439元。チケットは、大手旅行サイト「携程」で「上海城市通票」として販売している。

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2019年6月28日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP