外資スーパー出店相次ぐ 実店舗も7日間返品に対応へ

上海市青浦区に6月28日(金)、アメリカのスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」傘下の会員制スーパー「サムズ・クラブ」がオープンしたことが最近わかった。

同店は、市内2店舗目の出店となる。またドイツのディスカウントストア「ALDI」は7日(金)、中国初店舗を市に出店。さらに会員制大型倉庫型店「COSTCO」も8月27日(火)に閔行区で中国初店舗をオープン予定で、外資系スーパーの進出が加速している。

ほか、市内に5店舗を展開する日本の家具小売業大手「ニトリ」は2032年までに、中国大陸に1000店舗を設ける計画を近頃発表。将来的に、中国が世界最大の市場になる見込み。

一方、市内に構える750の店舗が7月3日(水)、商品返品に関する施策「七日無理由退貨」を承諾。将来的に消費者に対し、理由に関係なく、購入から7日間以内の返品に応じるとした。

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2019年7月12日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP