ゴーイング☆ハイウェイ~宿州市⇒蚌埠市

立派なパールを求めて

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。ふぅ~、昨日は「背水の陣」ゆかりの地、宿州市で、まさにオレの学業がピンチに陥っていたんだけど、口八丁で何とか留年の危機だけは回避できた。さすがオレ! 宿州市で色々な秘策を学んだだけあったぜ。またここから、ゆる~く旅を楽しもう。

次の街は「蚌埠市」…なんて読むんだ? ベンブー市だって、ユニークな響き。調べてみると、「蚌」とは二枚貝の一種で、真珠が採れるらしい。で、蚌埠市は別名「真珠城」と呼ばれてるんだとか。パール城…何だか親しみのある名前。ってことは、真珠が安く手に入るのかな。よ~し、キレイなアクセサリーを買って、大学の先生に機嫌を直してもらおう。

真珠の文化は残るが…

さ~て、「蚌埠市」に到着。おっ、早速、女性がパールを持って立ってる、貝のオブジェの写真を発見。やっぱり真珠が名産みたいだな。どこで売ってるか、旅行案内センターで聞いてみよう。えっ!? 昔はよく採れていたけど、今はないって? なんだよ~、ガッカリ。でも代わりに、キレイな石を削って作る伝統工芸品「蚌埠玉彫」を紹介してもらえたぞ。う~ん、これもなかなかいい。ともかくいい土産はできたな。

あっ、向こうの広場で、神輿みたいなものを担いでいるおばさんたちが。聞くと、あれは「旱船舞」と言って、船が川を進む様子を再現しているんだって。昔は、こうやって真珠を採っていたのかな…。くそう、オレももうちょっと早く生まれていれば、真珠買えたのに…。 さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

~上海ジャピオン2019年5月10日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP