お医者さんの御用達~自粘弾性包帯

542お医者さん-1

542お医者さん-2

――この間、階段を踏み外し、足首を捻挫してしまいました。歩くたびに痛いです。どうしたら良いでしょうか?

先生 捻挫した部分をしっかりと固定することが重要です。そこで「自粘弾性包帯」というアイテムをオススメします。

――普段よく使う包帯とは違うのですか?

先生 はい。一般的な包帯はグルグルと患部に巻きつけた後、テープで留める必要がありますが、「自粘弾性包帯」は包帯そのものが粘性を持っているため、テープなしでしっかりと固定できるんですよ。また、のりを使うことなく、材料に凹凸を付けることで包帯同士が粘着できる仕組みとなっているので、敏感肌の人もアレルギーで皮膚がかぶれる心配はありません。包帯を巻く時にはアイスパックを捻挫部分に当て、八の字で固定すれば、普段歩く時の痛みが和らぎ、腫れも早くひくでしょう。また蛍光色のものもあるので、夜間にランニングする際にポイントで巻けば安全対策にもなりますよ。

――ハイテクなアイテムですね。固定する上で大切なことは何ですか?

先生 心臓から遠い位置から巻くようにしてください。そうすることで、むくみの発生が防止されます。

 

542お医者さん-3

 

 

~上海ジャピオン8月7日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP