住宅地で乱闘し4人死亡 自転車の駐輪料金巡り口論

 9月1日(水)夜、上海市楊浦区四平路の住民居住区内で、
電動自転車を停めていた男2人と、その義理の兄の3人が、
自転車置き場の管理人と駐輪料金を巡り口論になり、
管理人が持ち出した鋭利な刃物で刺され死亡する事件があった。
なお、管理人も混乱の中、刃物で刺され死亡し、争いに加わった管理人の息子も怪我を負った。
 3人を殺害したとみられる自転車管理人は、江蘇省出身の48歳の男。
同居住区で、何年も妻と息子と共に自転車管理を行っていた。
事件当日、殺された男2人は、義理の兄の6歳の娘の誕生日を祝うため、
電動自転車に乗って同居住区に来ていた。
電動自転車を自転車置き場や建物の下などに置き、
誕生日の祝いを終えて電動自転車を出そうとした際、
駐車料金の金額をめぐり、管理人とトラブルになっていた。
 警察では2日(木)深夜2時ごろ、争いに参加したとみられる容疑者を逮捕し、
引き続き捜査を続けている。
(9月3日)

~上海ジャピオン9月10日号より

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP