大型花火を違法購入 打ち上げ失敗で死亡

 2月1日(火)20時ごろ、上海市閔行区新鎮路の広場で、
祝賀用の大型花火を打ち上げた44歳の男性が、爆発した花火に当たって死亡する事故が起こった。
 調べによると同花火は、市では個人での購入が禁じられているもの。
花火玉は直径約12㌢で、打ち上げると高さ約120㍍、直径約80㍍まで広がる。
購入経路については、消防部門が調査中。
 なお市景観環境衛生管理部門は、
2日(水)夜~3日(木)朝までに発生した爆竹や花火のゴミは1000㌧に達し、
約1万8000人の職員が清掃にあたったとする。
(2月3日)

~上海ジャピオン2月11日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP