春節前にチャーター便 昨年に続きことしも運行

 中国・上海と中国・台北を結ぶ春節期間の特別チャーター航空機の第1便が、1月24日午前9時ごろ、浦東国際空港から離陸した。乗客の多くは中国・台北で春節を迎える人。同チャーター便は昨年から運行を開始し、今年が2回目。 
 今年のチャーター機の便数は計12便。1月24日~2月7日までの期間、上海と中国・台北を往復する。
 第1便の乗客数は252人。うち、車椅子での乗客が2人、乳児や児童が29人で、家族での利用も目立った。また上海へ戻る便の乗客は154人であった。
 東方航空では、昨年もチャーター便を利用した乗客の中から抽選で選ばれた16人や昨年の最終チャーター便を利用した乗客3人などに、無料で航空チケットをプレゼントしている。
 上海航空では、機内食に魯肉飯などの特色あるメニューを準備。誕生日を迎える乗客には、バースデーケーキなどを用意している。(1月24日)
~上海ジャピオン2006年1月27日・2月3日合併号より

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP