9歳の男児が父親を訴える  月10万元の養育費支払い要求(B級ニュース)

9歳の男児が父親を相手取り、毎月10万元の養育費の支払いと毎週2回の帰宅を求めた訴訟の審理が、9月22日(日)、北京市海淀区裁判所復興路法廷で始まった。

男児は、「中国のバフェット」と称される中証万融投資集団の董事長・総裁の息子。当日、審理は非公開で行われ、父親側は息子の要求に対し、今後1カ月に1回、北京市の平均月収を基準に養育費を支払うことを約束。法廷では、具体的金額は明らかにされなかったが、1カ月当たり5000元を超えないと見られ、息子側は申し出を拒否している。

なお男児は、2011年以降、父親と会っていない。(9月23日)

~上海ジャピオン2013年9月27日号

 

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP