バスが7歳男児に衝突 頭をひかれその場で死亡

 12月13日(日)15時過ぎ、閘北区の東宝興路と?江中路の交差点付近で、
道路を横断しようとしていた7歳の男児に路線バスが衝突する事故があった。
男児は頭部をひかれ、その場で死亡した。
 事故当時、男児は母親と一緒に近くのスーパーで買い物をし、
母親が両手に荷物を持ち、男児はフライドチキンを食べながら帰宅していた最中だった。
2人は東宝興路を西に向かって渡っていたが、母親が道路を渡りきったときに、
母親の後ろを歩いていた男児は道路を渡りきれておらず、北方向から走ってきた862路路線バスと衝突。
男児はバスの下敷きになり死亡した。
 近くに住む人の話によると、男児は2週間ほど前に父母とともに地方から引っ越してきて、
最近小学校に入学したばかりだったという。
(12月13日)

~上海ジャピオン12月18日号より

最新号のデジタル版はこちらから

日本帰国生オンライン説明会21秋

香港便利帳

PAGE TOP