上海市ゴミ分類達成率90% 全国平均を上回るエコ意識

上海市では最近、ゴミ分別に関する条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行されてから1年が経過。これを受け市緑化と市容管理局は、ゴミ分類の達成率が、市民全体、企業・団体ともに90%に達したことを近頃発表した。

今年6月のゴミ回収量は1日当たり、資源ゴミが昨年比71・1%増の6813・7㌧、有害ゴミは同比11・2倍の3・3㌧、生ゴミは同期比38・5%増の9632・1㌧。ゴミが細かく分別されたことで、乾燥ゴミの回収量は同比19・8%の減少となった。市のゴミ分類に関する採点基準には、ゴミ捨て場に異臭を抑える措置が講じられているか、手を洗う場所はあるかなどの項目もあるという。

ほか市では、市民がデリバリーを頼む際に、割り箸などの使い捨て食器を必要ないと申請する消費者が増え、市で全国平均の60%を大きく上回った。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2020年7月10日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP