花博の初日来場者数2万人 夜にはナイトイベントも実施

上海市崇明区崇明島の東平国家森林公園及びその周辺で5月21日(金)、「第10回中国花卉博覧会」が開幕。初日には2万人余りが来場したことがわかった。

同博覧会の責任者によると、今年の展示スペース・建物数は過去最多で、国外都市の出展も多いという。会場内には180の室内外展示エリア、64の展示区、6のメイン会館を設置し、全エリアを一般開放している。同博覧会の営業時間は9時~21時で、天気がよければ19時半と20時半に、花博北園の復興広場で約7分半のイルミネーションショーを含むナイトイベントも実施。

ほか、食品販売会社「光明食品(集团)有限公司」傘下の食品販売店「上海第一食品商店」やコンビニチェーン「好徳」などで最近、同博覧会の特許経営食品41品の販売を開始。同博覧会限定味のアイスや牛乳などを、市内約1000店舗で扱っている。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2021年5月28日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP