「上海ヒルズ」誕生 浦東に超高層ビル建設

 森ビルと上海環球金融中心有限会社は、11月20日(月)、現在建設中の環球金融センターを「上海ヒルズ(上海秀仕)」と命名すると発表した。
 竣工は2008年の北京オリンピック前を予定。浦東の金茂ビルと隣接しており、中心となるタワービルは地上101階、地下3階、高さ493メートルの、世界最高クラスの超高層ビルとなる。低層階は商業施設、7~77階はオフィス、79階から93階は高級ホテル「パークハイアット」が入る予定。工事は順調で、現在の高度は既に70階、300メートルを超えている。
 森ビルは、六本木ヒルズ、表参道ヒルズなどを相次いで建設・開発。ことし11月1日からは中国事業本部を設立し、中国業務の強化を図っている。
(11月21日)

~上海ジャピオン11月24日発行号より

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP