上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~麻婆豆腐

中華接待の備忘録-1-タイトル-600

中華接待の備忘録-02-料理名-600

中華接待の備忘録―3―料理-600

花椒の痺れる辛味に撃沈

日本人にも定番の四川料理「麻婆豆腐」。挽き肉と豆腐を、トウガラシ、痺れるような辛味が特長の花椒(フアジャオ)などと一緒に炒めた旨辛な一品だ。

清朝の時代。今の成都市に巧巧(チャオチャオ)という、顔に痘痕(あばた)のある女性が、夫と暮らしていた。夫の死後、彼の同僚たちが昼食の調理を彼女に依頼。家の両隣が肉屋と豆腐屋だったため、彼女は豆腐と肉をトウガラシと一緒に炒めたものを提供したのだ。そのおいしさが評判を呼び、食堂を開くまでに。巧巧の死後、「花椒の痺れる辛味」と「痘痕(中国語で〝麻子〟)」を表す「麻」、彼女に対する尊称「婆」(「妻」の意)を取り、「麻婆豆腐」と名付けられた。

ちなみに、成都市の料理店「陳麻婆豆腐」が、この料理発祥の店とされる。アテンドだからと変わった料理を選ぶよりも、定番料理にあなたの話術でアクセントを加えれば、皆が痺れるはずだ。

中華接待の備忘録-4-うんちく-500

アテンド先はコチラ

店名  渝信川菜(ユェシンチュアンツァイ) 招商局店

住所  成都北路333号招商局広場3楼(×威海路)

TEL  5298-0438

営業時間  11時~14時半、17時~21時半

席数  約100席

予算  100元~

中華接待の備忘録-5-店内-180中華接待の備忘録-6-地図-160

~上海ジャピオン2018年8月3日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。