上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~蟹粉豆腐

691-中華接待の備忘録-1-タイトル-600691-中華接待の備忘録-02-料理名-600691-中華接待の備忘録―3―料理-600

〝上海蟹〟を使った料理

上海料理では〝上海蟹〟を使った料理が少なくない。「蟹粉豆腐」もその一つ。カニミソにカニ肉が入ったこの料理は、トロッととろみのついたソースが豆腐とよく絡み、ごはんが進む。

日本で言う〝上海蟹〟は、モクズガニ「大閘蟹(ダージャーシィエ)」を指す。市で食べられるカニは、江蘇省蘇州市の陽澄(ヤンチェン)湖で捕れる「陽澄湖大閘蟹」がメインであり、濃厚ミソがやみつきになるおいしさなのだ。旬は10月~11月に掛けての肌寒い季節だが、7月、つまり旧暦6月頃にも子どもの〝六月黄〟が出回る。青みがかった黄色の甲羅から、この呼び名が付いた。

味は、文句なしに接待向け。なおカニアレルギーの人がいないかどうかは事前に確認しよう。そのほか、上海料理店「転角上海弄堂餐庁」は、上海の古き良き街並み「石庫門」や「弄堂」をイメージした内装。料理も店内も、接待客に上海を満喫してもらうのにピッタリだ。

691-中華接待の備忘録-4-うんちく-500

アテンド先はこちら

店名 転角上海弄堂餐庁(ジュアンジィアオ)

住所 瑞金一路139号復興商厦2階

TEL 6135-1285

営業時間 11時~14時、17時~21時半

席数 約200席

予算 150元~

691-中華接待の備忘録-5-店内-180691-中華接待の備忘録-6-地図-160

~上海ジャピオン2018年8月10日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。