上海の医療 記事

お医者さんの御用達~「アイマスクでドライアイ予防」

-518お医者さん -1

-518お医者さん - 2

アイマスクでドライアイ予防

――最近、パソコンやスマホばかり見ているせいか、目薬を差してもすぐに目が乾いてしまうんです。こんな時どうすればいいでしょうか?

先生 パソコンや携帯の液晶画面を見ていると瞬きが少なくなり、さらに冬は暖房器具で室内が乾燥するので、目も乾きがち。そんな時は「ホットアイマスク」がオススメです。

――温めるアイマスクですか。確かに蒸しタオルは目が休まりますね。

先生 温めて症状を緩和させる方法は「温罨法(おんあんぽう)」といって古くからありますが、ホットアイマスクも、科学的効果が立証されています。まつげの根元に「マイボーム腺」という油性の分泌物の出口があって、この分泌物は涙の蒸発を抑える働きをします。加齢などで分泌能力が落ちると、うまく排出できず、固まりやすくなりますが、まぶたを37度以上に温めるとマイボーム腺の詰まりが取れ、目が潤いを取り戻すという仕組みです。

――なるほど。それで目の乾きや違和感がなくなるんですね。

先生 ラベンダーやゆずの香りなどもあって、特にメントール入りは涙液分泌促進の効果もあります。2週間を目安に、ぜひ試してみてくださいね。

-518お医者さん - 3

~上海ジャピオン2015年2月6日発行号

上海の医療 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。