上海の医療 記事

お医者さんの御用達~黒豆大棗桂圓湯

生理痛を薬膳で緩和

――生理痛に悩んでいます。痛み止めを切らしたのを機に、体質改善に挑戦したいです。

 

先生 それでは「黒豆大棗桂圓湯」など、生理痛に効くスープ3種を摂取して、身体の芯から改善しましょう。漢方的観点からお話するので、自分がどのタイプに属するのか考えながら聞いてください。

 

――わかりました!

 

先生 まず一つ目のタイプで、気も血も弱い人。月経量が少ない、経血の色が薄い、圧迫すると痛みが和らぐタイプには「黒豆大棗桂圓湯」がオススメ。気血を補う働きのある黒豆、桂圓、ナツメ、黒糖を一緒に煮込みます。二つ目は冷え性の人。手足が冷たい、経血の色が濃い、温めると痛みが和らぐタイプには「暖宮四物湯」がピッタリ。ナツメ10個、ショウガ5片、コショウ10粒、黒糖30㌘を煮込みます。三つ目は気血が詰まっている人。経血に固まりがある、色が紫がかっている、身体を緩めると痛みが和らぐタイプには、循環を促す、当帰、益母草、ゆで卵を一緒に煮込んだスープ「益母当帰煲鶏蛋」をどうぞ。

 

――材料さえ揃えれば、実践できますね!

 

先生 どのパターンも多めの水で30分ほど材料を煮込み、月経開始5日~2週間前から、1日何回かに分けお茶代わりに飲みましょう。具材を食べるのも◎ですよ。

~上海ジャピオン2019年3月22日発行号

上海の医療 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。