上海のニュース 記事

交通違反の取り締まり強化 公共バス専用レーンを増設

上海市公安局は3月24日(木)、違法駐車や一方通行侵入など交通違反行為の取り締まりを、今後より一層強化することを明らかにした。

同局は市民の安全確保や道路の渋滞緩和を目的に、集中取り締まりを実施。自動車の違法駐車やナンバープレートの偽装、歩行者の信号無視や横断歩道以外の横断などを〝十大違法行為〟と定め、これらを一斉に摘発する。

また道路に設置されている公共バス専用レーンを、一般車両が走行することが近頃問題となっている。大型車両である公共バスが信号などで停車した際に、再発車が一般車両に比べ遅れ、その隙に自家用車やタクシーがレーンに侵入、バスの遅延に繋がるという。

一方市路政局は、今年下半期に新たに25㌔のバス専用レーンを設置することを発表。天山路や河南路など公共バスの運行が多い路をメインにレーンを増設し、バスのスムーズな運行を目指す。

 

~上海ジャピオン2016年04月01日発行号

 

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。