上海のニュース 記事

動物愛護団体、里親に料金請求  劣悪な環境でイヌネコを飼育

上海市にある非営利活動団体「上海寵物救助領養網」で最近、違法に動物の販売が行われている疑いがあることがわかった。

同団体は捨てイヌや捨てネコを保護する動物愛護団体で、市で唯一の公式組織であると自称。しかし実際は、イヌやネコの引き取りを希望する市民に対し、〝協賛金〟としてペットの市場価格に相当する1000~2000元を徴収していた疑いがある。また同団体を訪問した市民は、約20平方㍍の室内で80匹以上のイヌが飼育されていたと話す。ネット上では、同団体のイヌは病気のものが多いと批判する声が相次いでいる。

 

~上海ジャピオン2016年12月9日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。