上海のニュース 記事

独居老人、ドアに鍵32個  ボランティア団体が交流

上海市静安区の団地「共康四村」で最近、1人暮らしの94歳女性に対するボランティア活動が話題となっている。

この女性は10年前に夫を亡くし、孤独な生活を続けているうちに解離性障害を発症。他人が自分の物を盗むという妄想を抱くようになり、家のドアに32個の鍵を付け、部屋に引きこもるようになった。さらに昨年に2度、転倒などにより動けなくなるといった問題を起こしており、これを心配した団地住民は、ボランティア団体を結成。団地に住む高齢者に牛乳を配るなどのサービスを開始した。

女性は最初、ボランティアスタッフに対し警戒心を解かず、ドアの隙間から物資を受け取るだけであったが、やがてスタッフの熱心な声掛けにより会話が増え、周りと交流を持つことができるようになったと言う。現在この団地には80歳以上の高齢者が400人以上住んでおり、高齢者に対するケアが求められている。

7_%e6%9d%b1%e6%96%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年1月6日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。