上海のニュース 記事

中学校の開放日で親子見学 海外留学人数が55万人迫る

上海市で3月26日(日)、上海中学と華東師範大学附属中学、復旦大学附属中学、上海交通大学附属中学など各地の中学校で「学校公開」が行われ、多くの親子が参加した。

この「学校公開」は年に数回行われ、中学校入学を控えた児童とその保護者が学校を訪問し、授業などを模擬体験する。当日は模擬試験やディベート、教師による講座、校内見学などが催された。

また中国教育部は最近、16年度に海外留学をした中国人学生数が昨年比3・97%増の54万4500人だったことを発表。留学先はアメリカやイギリスが依然として多く、日本と韓国は15年度に比べ減ったと言う。

 

~上海ジャピオン2017年3月31日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。