上海のニュース 記事

成都市行き寝台列車登場 市軌道交通で安全検査強化

上海鉄道局は4月16日(日)から、新ダイヤでの列車運行を開始。上海市から成都市、重慶市までを結ぶ寝台列車が新たに運行することがわかった。

同列車は日中に運行。寝台車を導入することで、約1980㌔、12~14時間半に及ぶ長距離移動による乗客の負担軽減を図る。一方軌道交通警察は最近、市軌道交通全線にて安全検査を強化すると発表。特に爆発物や可燃物の検査を重点的に行うとし、駅改札口の手荷物検査装置による検査率の向上や、警察官や警察犬を増員するとしている。また主要駅においては、不審者に対し職務質問を行うと言う。

 

~上海ジャピオン2017年4月14日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。