上海のニュース 記事

トイレ紙は60㌢まで 顔識別で使用量削減

北京市の天壇公園敷地内にある公衆トイレに近頃、人の顔を識別し適量のトイレットペーパーを提供する機械が設置された。

この機械は同公園の北門、南門、西門の3つの男女トイレに計6台を設置。一度に60~70㌢のペーパーを提供し、人の顔を識別できるため、同じ人物がペーパーを取るには9分間を隔てる必要がある。利用者は「一度で認識されなかった」、「使い方の表示がなくわかりにくかった」などの難点を指摘。また子どもの身長に対応しておらず、親が抱きかかえる必要がある。

同公園職員によると、この機械を設置してから、トイレットペーパーの使用量が半分ほどに削減できていると言う。

5

~上海ジャピオン2017年5月12日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。