上海のニュース 記事

上海世茂広場が改装で閉店 国産の高速鉄道車両が登場

上海市黄浦区の南京東路に構える複合施設「上海世茂広場」が最近閉店し、来年9月にリニューアルオープンすることがわかった。

同施設のリニューアル後は、スポーツ用品店「NIKEグローバル旗艦店」やアメリカのチョコレートブランド「M&M‘S」のアジア初となる旗艦店、ハローキティの室内テーマパークなどが新たに入居。90%以上のテナントを入れ替え、若い女性をターゲットにして消費拡大を図ると言う。

そのほか中国鉄路総公司は最近、中国初の国産高速鉄道車両「復興号」を披露した。同社の紹介によると、同車両に搭載するすべてのソフトウェアと、車体の約84%が国産で、走行試験での最高速度は時速400㌔以上を記録している。また車両の高さを4㍍にまで拡大し、広々とした座席スペースを確保、車内の雑音を従来に比べ減らしたと言う。寿命は車両「和諧号」に比べ10年長い30年。全車両にWi―Fiを搭載している。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2017年6月30日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。