上海のニュース 記事

135年の歴史ある玉仏寺 防災のため曳家工事を実施

上海市普陀区にある玉仏寺が9月2日(土)~10日(日)、主殿をそのままの形で移動させる曳家工事を行うことがわかった。

今回の工事では、主殿「大雄宝殿」を室内に仏像などを置いたまま北に30㍍66㌢移動。その後、主殿があった場所の基礎部分を1㍍5㌢盛り上げ、耐震性を高めると言う。地下の基礎工事は今年5月から開始していた。

同寺では、年間の参拝客がのべ200万人を超え、単日では旧暦の大晦日や新年に10万人超えを記録。1882年に建立され、135年の歴史を持つ。一方で建物の老朽化が進み、防災・耐震性が懸念されていた。

 

~上海ジャピオン2017年9月1日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。