上海のニュース 記事

外灘の建築物で落下物の事故 コンクリートが男性を直撃

上海市黄浦区広東路で4月17日(火)、建物の外装材と見られるコンクリートの塊が落下。路上の男性に直撃する事故が発生した。

同事故が起きたのは、広東路にある建築物「外灘5号」の外灘に面した部分。目撃者によると、コンクリートは掌ほどの大きさで、建物の6階辺りから落下したと言う。コンクリート片が直撃した男性は頭を損傷、流血するケガを負ったが、18日(水)時点で歩けるほどにまで回復している。この事故を受け「外灘5号」の管理者などは、建物の老朽化で、外装材が剥がれ落ちたと推測。安全検査を徹底するとともに、建物の補修も進めるとしている。

~上海ジャピオン2018年4月27日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。