上海のニュース 記事

腐った果物はジュースに? 杭州市の青果市場職員が暴露

上海市に隣接する浙江省杭州市のとある青果市場で最近、従業員が腐ったりカビが生えたりした果物を1箱十数元ほどで販売しているとメディアに暴露。上海市を含む中国各地の飲食店やドリンク販売店などに納品され、フルーツジュースとして消費者に販売されている恐れがあることがわかった。

同スタッフによると、腐ったマンダリンオレンジを1箱10元で300箱、メロンを1箱15元で4箱出荷。出荷表には「不可食用(食用不可)」と手書きで加筆していたと言う。これを受け、現地の市場監督管理局が調査を開始している。

 

~上海ジャピオン2018年5月25日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。