腐った果物はジュースに? 杭州市の青果市場職員が暴露

上海市に隣接する浙江省杭州市のとある青果市場で最近、従業員が腐ったりカビが生えたりした果物を1箱十数元ほどで販売しているとメディアに暴露。上海市を含む中国各地の飲食店やドリンク販売店などに納品され、フルーツジュースとして消費者に販売されている恐れがあることがわかった。

同スタッフによると、腐ったマンダリンオレンジを1箱10元で300箱、メロンを1箱15元で4箱出荷。出荷表には「不可食用(食用不可)」と手書きで加筆していたと言う。これを受け、現地の市場監督管理局が調査を開始している。

 

~上海ジャピオン2018年5月25日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP