上海のニュース 記事

市内観光地にQRコード設置 400以上の歴史建築が対象

上海市旅遊局は、観光客に理解を深めてもらう目的で、今年末までに黄浦区にある外灘の「万国建築博覧群」など、市内の重要な歴史建築にQRコードを設けると発表した。

対象となるのは、市内391カ所の優秀歴史建築物や31カ所の市級文物保護単位の選定エリア、12カ所の歴史文化風貌区。黄浦区では、外灘の「外灘源1号」や「和平飯店」、徐匯区の衡山路~復興路の洋風建築などにQRコード「建築可閲読」が設置される。観光客はQRコードを読み取ることで、音声や動画、AR(拡張現実)技術などによるガイドが提供され、各エリアの歴史を学べるようになる。

^

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年7月20日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。