曇り・雨天40日間を記録 日照時間2時間を下回る

上海市中心気象台は、市における曇り・雨・雪の日が、2018年12月1日(土)~19年1月11日(金)までの40日間を記録。市の降雨量、雨天日数、日照率など多数の項目において、観測以来過去記録を更新したことを発表した。

また1月1日(火)以降、徐匯区など6カ所の観測地点で9日間に渡って日照時間が2時間を下回った。さらに郊外でも降水量が例年同時期の3倍以上に達したほか、同区では雨天日数が例年より15日多く、1872年の観測開始以来最多。このほか、降水量が史上第3位を記録した。

なお同気象台によると、市は17日(日)まで雨に見舞われる見込み。

(写真東方ネットより)
~上海ジャピオン1月18日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP