曇り・雨天40日間を記録 日照時間2時間を下回る

上海市中心気象台は、市における曇り・雨・雪の日が、2018年12月1日(土)~19年1月11日(金)までの40日間を記録。市の降雨量、雨天日数、日照率など多数の項目において、観測以来過去記録を更新したことを発表した。

また1月1日(火)以降、徐匯区など6カ所の観測地点で9日間に渡って日照時間が2時間を下回った。さらに郊外でも降水量が例年同時期の3倍以上に達したほか、同区では雨天日数が例年より15日多く、1872年の観測開始以来最多。このほか、降水量が史上第3位を記録した。

なお同気象台によると、市は17日(日)まで雨に見舞われる見込み。

(写真東方ネットより)
~上海ジャピオン1月18日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP