登下校の送り迎え混雑解消 学校の厨房に監視カメラ導入

上海市を含む中国各地では2月20日(水)、各小中学校で新学期を迎えた。これに当たり、市閔行区の公安局は最近、各派出所の警官が道路上だけでなく、各学校の校門前や居住区、商業エリアなどの交通整理も担当するようになったことがわかった。

同制度は、交通警察の管轄領域を広げることで、生徒の送り迎えで往来する保護者の車両渋滞緩和などを目的とするもの。今までは管轄外という理由で、警察官が校舎周辺で交通整理に当たらず、混雑などを招いていた。しかしこの取り組みにより、校舎周辺で駐車スペースや一方通行規制を設け、ピーク時の混乱を解消。今後市全域での実施を見込んでいる。

そのほか、市市場監督管理局は最近、市内にある小中学校を対象に、厨房内に新監視システム「天鷹」を試験導入。マスクや手袋の着用有無などを常にチェックし、衛生管理を強化していくと言う。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年3月1日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP