第7回国際技術交易会 世界の最新技術が集結

上海市浦東新区の「上海世博展覧館」で4月18日(木)~20日(土)の3日間、今年で7回目となる「中国(上海)国際技術進出口交易会」が催されることが最近わかった。

同交易会では、海外出店ブースを2600平方㍍設置。今年は、アメリカ・カナダが合同で初めて参加し、人工知能(AI)や最新の医療技術を披露するほか、ハンガリーの企業は高タンパク質の小麦の栽培技術などを展示する予定。ほか、国内からは27の省が参加する。

~上海ジャピオン2019年4月12日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP