中国アニメ映画が15億元突破 アニメの興行収入で過去最高

中国各地で上映されている国産アニメーション映画『哪吒之魔童降世』が、上映から8日経った8月2日(金)夜時点で、サービス費用を除く興行収入が15億2800万元を突破。国内でディズニー映画『ズートピア』を抜き、中国映画界のアニメジャンルにおける興行収入で過去最高を記録したことがわかった。

『哪吒之魔童降世』は、公開初日で1億389万元、単日の最高で2億8700万元の興行収入を得るなど、様々な記録を更新。この映画は、中国の古代神話に登場する人物・哪吒がテーマ。世間から恐れられる〝魔童〟から、運命と戦う英雄へと成長する様を描く。

 

~上海ジャピオン2019年8月9日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP