公共の場でパジャマはダメ 上海市民のマナー意識調査

 上海婦女連合会が公表した「上海市民マナー調査」の結果、市民の公共の場でのマナー意識やプライバシー意識が高まっていることが分かった。
 同調査はネット上で実施され、有効回答数は1万近くにのぼった。不快に感じるマナー違反行為として挙げられたのは、「路上での痰吐きやポイ捨て、公共の場での喫煙」(4703票)、「信号や横断歩道の無視」(4222票)、「公共交通での座席占領や他人の押しのけ」(3999票)、「パジャマ・下着などでの公共の場の出入り」(3989票)、「公共の場で大声で話したり携帯電話をかける」(3768票)など。
 このほか、「他人の部屋に勝手に入る」、「人前での、恋人同士の過剰に親密な行為」などもマナー違反に挙げられている。
 マナー意識を高める方法としては、法規制や指導者の模範を望む声が最も多かった。
(9月21日)

~上海ジャピオン9月29日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP