公共の場でパジャマはダメ 上海市民のマナー意識調査

 上海婦女連合会が公表した「上海市民マナー調査」の結果、市民の公共の場でのマナー意識やプライバシー意識が高まっていることが分かった。
 同調査はネット上で実施され、有効回答数は1万近くにのぼった。不快に感じるマナー違反行為として挙げられたのは、「路上での痰吐きやポイ捨て、公共の場での喫煙」(4703票)、「信号や横断歩道の無視」(4222票)、「公共交通での座席占領や他人の押しのけ」(3999票)、「パジャマ・下着などでの公共の場の出入り」(3989票)、「公共の場で大声で話したり携帯電話をかける」(3768票)など。
 このほか、「他人の部屋に勝手に入る」、「人前での、恋人同士の過剰に親密な行為」などもマナー違反に挙げられている。
 マナー意識を高める方法としては、法規制や指導者の模範を望む声が最も多かった。
(9月21日)

~上海ジャピオン9月29日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP