老房子でボヤ 安全面に警鐘

 10月7日(土)、成都北路712弄の老房子の一画でボヤ騒ぎがあった。火は激しく燃え上がったが、大事に至る前に消し止められた。タバコの吸殻が火元と見られている。
 現場付近にはガス管や剥き出しの電線が走っており、大事故に至った可能性もある。特に、木造建築の老房子は、防犯・防災の両面で問題点が指摘されており、今回の騒ぎは、老房子の安全問題に改めて警鐘を鳴らすものとなった。
(10月8日)

~上海ジャピオン10月13日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP