1元航空券に罰金 割引限度を超過

 山東省済南市物価局は12月18日(月)までに、格安航空「春秋航空」の子会社「山東済南春秋假日旅行社」が上海‐済南路線で運賃1元の航空券を販売したことが、航空券の割引限度を正規の45%と定めた民航総局の指導に違反するとして、15万元の罰金を科した。
 春秋航空は11月30日から12月10日の期間限定で、全座席の10%に当たる約400席の航空券を1元で販売していた。
(12月18日)

~上海ジャピオン12月22日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP