水滸巡礼~108の足跡~郁保四(いくほうし)

-420suiko-v1

-420suiko-v2

山塞の旗を振る大男
郁保四(いくほうし)

ゆかりの地 山東省青州市
あだ名 険道神
職業 旗持ち
宿星 地健星

山東省青州市出身。
強盗となって地元を荒らしていたところ、
梁山泊と曾頭市の戦に巻き込まれ、
そこで出会った宋江の勧めを受けて入山。
梁山泊一の巨漢で、戦では元帥旗をもち、
宋江の脇を守ることが多かった。
最期は方臘の戦いで戦死。

梁山泊にそびえ立つ山
死ぬまで元帥旗を守る
郁保四はかつて山東省青州市で強盗をはたらいていた。
身の丈が2㍍以上もある偉丈夫で、
あだ名は「険道神」。
あらゆる人が道を譲るほど大柄だったため、
そう呼ばれた。

-420suiko-v3

範公亭公園は、
かつてこの地で知事を勤めていた北宋の政治家、
範仲淹(はんちゅうえん)を祀る

ある日、郁保四は、
200頭ほどの馬を連れて歩く、
梁山泊の段景住(だんけいじゅう)を襲った。
郁保四は馬を奪い、
「曾頭市(そうとういち)」という山賊がいる集落に
逃げ込んだが、そこで、曾頭市一団が以前、
段景住の馬を奪い、梁山泊と戦ったことを知る。
そして今回、郁保四が馬を奪ったため、
梁山泊が再び攻めてくることに。
前の戦で頭領の晁蓋を失い、
敵討ちのため勢力を増していた梁山泊。
郁保四は今回、自分たちが不利と判断した曾頭市により、
人質に出された。
殺される覚悟であった彼だが、
宋江の計らいで、梁山泊に協力することに。
郁保四は曾頭市に逃げ帰ったふりをして、
梁山泊は隙だらけ、攻めるなら今、
と虚偽の報告をした。
曾頭市は早速、梁山泊本陣を攻めたが、
本陣はもぬけの空。
結果、梁山泊に囲い込まれ、敗れた。
郁保四はこれを手柄に入山し、
その後は梁山泊の象徴「替天行道」の字が書かれた軍旗を、
戦場で振り続けた。

-420suiko-v4

雲門山。
駝山、玲瓏山と連なる景色は、
〝三山聯翠、障城如画
(三山一帯の緑、城を遮る絵の如し)〟と評される

郁保四の故郷、青州市。
山東省中部に位置する同市は古代、
中国が徐州や梁州など、9つの地域に分かれ、
「九州」と呼ばれていた時代の一地域であった。
当時の繁栄ぶりを物語る北辛文化遺跡、
大汶口文化遺跡など、複数の古代遺跡を擁し、
多くの考古学ファンが訪れる。
雲門山など、山東省を代表する山が
そそり立つこの地には、かつて郁保四なる、
もう1つの〝山〟が存在したのだった。

アクセス
①上海浦東空港から空路にて
濰坊南苑空港まで、約1時間10分
②濰坊駅から青州市駅まで高速列車で約20分、
2等軟座19.5元
③ 上海虹橋駅から青州市駅まで
高速列車で約5時間、2等軟座444元

-420suiko-v5

~上海ジャピオン2013年1月25日号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP