上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~朱貴(しゅき)

suiko1

suiko2

旧梁山泊の見張り役
朱貴(しゅき)

ゆかりの地 山西省長治市襄垣県
あだ名 旱地忽律
職業 居酒屋店主
宿星 地囚星

山東省臨沂市沂水県出身。梁山泊初代頭領・王倫(おうりん)が治めていた頃から山塞に属し、近くの居酒屋で商人を装いつつ、見張り役を務めた。晁蓋(ちょうがい)、宋江の新体制になってからは、南山酒店に移り情報収集役となる。最期は杭州で病没。

好漢を出迎える窓口
梁山泊を見てきた男

朱貴は梁山泊草創期から山塞を守ってきた人物で、対岸の居酒屋に詰め、訪れる旅人や好漢たちの接待をしていた。かつては商人であったが上手くいかず、梁山泊の一員に。陸上に上がったワニを意味する「旱地忽律」という恐ろし気なあだ名を持つが、容貌魁偉で鼻の下にヒゲを蓄え、長身であったという。

suiko3

仙堂山古建築群は、宋代に建立され、明、清代に修復が行われた寺院の遺構

ある日、朱貴の店に林冲がやって来る。彼は開封府(かいほうふ)の悪漢・高俅(こうきゅう)の策略により流罪に処され、行く当てを失い友人の勧めで梁山泊に向かうところだった。朱貴は彼が指名手配され、賞金がかけられている林冲本人かどうかを確かめるため、給仕たちに彼を襲わせる。

しかし林冲は彼らの攻撃をものともせず、難なく抑え込んだ。その様子を見た朱貴は確信し、対岸へ向け大きく矢を放った。出迎えの船を呼ぶ合図である。山塞に渡った林冲は謀反を起こし、頭領の王倫を引きずり下ろす。そして晁蓋が頭領の座に就くと、朱貴もそのまま残り、新制梁山泊108人を形成した。

その後は山塞の南山酒店の管理を任され、不審な人物や商隊が来ればすぐ知らせた。作中では非戦闘員であったが、同郷の李逵(りき)が帰郷途中に乱暴を働き、役人に捕まった時には、知恵を働かせて救出するなど、陰の功労者としての活躍も見せている。

 

suiko4

太行山脈。山東省、山西省、河南省の省境に聳える山脈。山東省、山西省の地名は同山脈の東西にあることに由来する

朱貴が襄垣城外の戦いの際、魯智深救出のため訪れたとされる、山西省長治市襄垣県。同省南東部に位置するこの地は、太行山の麓にあり、全体が丘陵地帯となっている。店で豪傑たち全員と接してきた朱貴にとって、この地で仲間が死んでいく光景はどう映ったのだろうか。

【アクセス】
①上海虹橋空港から空路にて長治王村空港まで約2時間
②上海虹橋駅から鄭州駅まで高速列車で約7時間、2等席236.5元。鄭州駅から長治駅まで快速列車で約5時間、硬座38.5元

suiko5

~上海ジャピオン2013年11月29日号

 

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。