上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~孔亮

suiko_v01

ゆかりの地 江蘇省昆山市
あだ名   独火星
職業    歩兵軍将校
宿星    地狂星

山東省青州市出身。裕福な地主の家系に生まれ、兄の孔明(こうめい)とともに村を取り仕切っていた。宋江と武松に出会ったことが縁で、梁山泊に加入。兄弟で活躍することが多かったが、最期は兄を置いて戦死した。

suiko_v02

登州の暴れ者兄弟
武松との喧嘩の末

孔亮は、兄の孔明に付き、地元を支配していた。短気でよく喧嘩をし、問題を起こしていたので、中国で不吉な星を意味する「火星」にちなみ「独火星(どっかせい)」と呼ばれた。
宋江が、孔亮の家に身を寄せていた時のこと。孔亮が居酒屋で宴を開いていると、偶然店にいた梁山泊の武松が文句を言いに来た。自分には料理が提供されず、孔亮たちが豪華なものを食べていることに腹を立てたのだ。喧嘩っ早い孔亮は、彼に跳びかかったが、相手は虎殺しで有名な武松。敵うはずもなく、激しく殴られた。孔亮はほうほうの体で逃げるが、孔明が河原で酔っ払って倒れている武松を発見、武松を縛り上げていると、居合わせた宋江が、彼が武松だと告げた。兄弟は慌てて縄を解き、武松をもてなした。

suiko_v03
ドラマ中の孔亮。武松に仕返しをするため探しに行く場面

宋江と武松を送り出した後兄弟が争い事を起こしたことで祖父が捕えられる。さらに救出に向かった兄までもが捕まり、孔亮は途方に暮れた。宋江らを懸命に探して助けを求めた末、救出され、入山。その後、孔亮は水軍に属し、方臘の戦いで溺れ死んだが、物語では兄弟で戦う姿が描かれている。
孔亮が倒れた地、江蘇省昆山市。秋、冬に旬を迎える上海蟹「大閘蟹」の養殖が盛んな陽澄湖がある。孔亮は、この江南の美しい水と緑を見ながら、兄の無事を祈ったことだろう。

suiko_v04

【アクセス】
上海駅から昆山南駅まで、高速列車で約20分、2等席24.5元

suiko_v05

~上海ジャピオン2014年9月5日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。