上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~柴進

-505水滸巡礼_1

ゆかりの地 河北省滄州市
あだ名   小旋風
職業    金銭食料管理
宿星    天貴星

河北省滄州市出身。資産家で、自宅に豪傑たちを泊め、面倒を見ていた。高唐州政府の役人に冤罪で捕らえられるが、梁山泊に救出され入山、金銭食料管理を担当。方臘の戦い後は故郷に戻り、平民として暮らした。

-505水滸巡礼_2

流れ者をまとめる親分
李逵が叔父の仇を討つ

柴進は滄州の大富豪で、後周最後の皇帝・柴栄(さいえい)の末裔と言われた。好人物として知られ、自宅の屋敷には流れ者40~50人を泊め、面倒を見ていた。梁山泊とも親交があり、宋江や林冲、武松を泊めたこともあった。

暴れ者の李逵(りき)が食客として、柴進の屋敷を訪れたある日のこと。柴進の叔父が山東省高唐州の権力者・高廉の義弟、殷天錫(いんてんしゃく)から屋敷の明け渡しを迫られ、暴行を受けて殺害された。柴進はこれを聞くと、法事の支度を手伝うため、李逵を連れて叔父の屋敷に向かった。するとそこへ殷天錫がやって来る。李逵はすぐさま飛びかかり、殷天錫を殺害。事態の悪化を恐れた柴進は李逵を山塞に帰すが、親族を殺され怒った高廉が柴進を捕らえ、拷問。李逵から顛末を聞いた梁山泊は、柴進救出のため高唐州に攻め入った。梁山泊は高廉の妖術を破り、救出に成功。

柴進はそのまま入山した。その後は梁山泊を後方で支えたほか、戦でも活躍。方臘の戦いで燕青(えんせい)とともに方傑を討ち取り、勝利に貢献。

柴進の故郷、河北省滄州市。ナツメ「金糸小棗」の生産地で、春秋戦国時代より生産が盛んであった。かつて、柴進が裕福に暮らしていた時も、ナツメ畑が広がっていたことだろう。

-505水滸巡礼_3
豪傑と渡り合う皇帝の末裔
ドラマ『水滸伝』の柴進。原作と同じく、高貴な装いで登場する場面が多い

-505水滸巡礼_4

【アクセス】

①上海虹橋空港/浦東空港から空路にて、天津濱海空港まで約2時間
②上海虹橋駅から滄州西駅まで、高速列車で約5時間、二等席473.5元

-505水滸巡礼_5

~上海ジャピオン2014年10月31日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。