上海の旅行・ホテル 記事

ゴーイング☆ハイウェイ~国道318号⑱

710ゴーイング-1 710ゴーイング-2

モンゴル文化の謎

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。お~さむっ。今日は雅江県を出発する前に「索洛寺」を覗きに来たんだけど、こんなに寒いのに、さすが寺の人たちは朝早くからお勤めしてるなぁ。案内版によると、ここの寺はチベット語で「モンゴル人が遺した寺」って意味らしくて、この辺りには、モンゴル語の地名や習慣がたくさん残っているんだとか。へぇ、オレてっきりチベット族の人しかいない土地だと思ってた。なんでこの地に、モンゴルの文化が残っているのかはわかっていないって…ミステリーだぜ。

さあ今日はいよいよゴールである巴塘県まで行くぞ! ここも小さな街だけど、記念になるものがあるといいな…。

最後は秘湯で〆

はぁ~、やっとの思いでゴールに到着。出迎えてくれたのは外壁が真っ赤な「康寧寺」だ。約360年前に建てられた寺で、多い時で1800人、今は360人の僧侶が暮らしているそうだ。う~ん、内部もチベット文化が色濃く反映されている。こんな山奥でこの景色を見ると、ホント別世界に迷い込んだみたいな気持ちになるぜ。

ん? なんだあそこ、道の両脇から白い煙がもうもうと立っている! おっ、この臭い…もしかして温泉か。しかも無料で入れるって、超ラッキー。ここ「熱抗温泉」は皮膚病や湿疹に効くと、地元の人から愛される温泉みたいだ。う~ん、頭にターバンや民族アクセサリーを付けた人たちと同じ湯に入るとは、まさに秘湯に来た~! て感じ。この旅の疲れも吹っ飛んだぜ。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

710ゴーイング-3

~上海ジャピオン2018年12月28日発行号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。