春の近郊ホテル&リゾートDeトレビア~ン

??

安心の日系ホテル
満開の桜を眺める

お久しぶりですこと。
春と言えば桜ですわね。
お花見に行きたいものですが、
あいにく主人は海外出張。
いっそ1人でもいいからどこか行きたいわ~、
とホテルサイトを眺めておりました所、
素敵なプランを見つけてしまいましたの。
それは無錫にある5ツ星ホテル「ホテルニッコー無錫」の
「高級ルーム+鼈頭渚桜祭り入場券2人分+朝食2人分付き」です。
今だけのスペシャルプランでございますのよ。
というのも、
ホテルから徒歩約5分の所にある
太湖の鼈頭渚風景区という場所で、
4月30日(月)まで、桜祭りが催されているのです。
モチロンこのプランには、
お祭りの入場券も含まれておりますわ。
この風景区には賞桜閣という楼閣もあって、
そこから見下ろす桜は、
さぞかしトレビア~ンなことでしょう。
朝食も2人分付いて739元は驚きですわね。
このホテルですが、
2010年完成なのでまだ新しいし、
市中心部の南長区にあって、
ビジネスにも観光にも便利なんですって。
お部屋はスーペリアからプレジデンシャルスイートまで、
全部で7タイプがありますのよ。
日本料理レストランも入ってますし、
お部屋では日本のテレビ放送も見れちゃうから、
日本が恋しくなっても大丈夫ですわね。
せっかくのお花見が雨で流れてしまっても、
ホテル内で充分楽しめますことよ。
海外旅行のおねだりは少し我儘かしら? 
でも近場の中国なら許してくれるわよね、あなた♪

百花繚乱の西湖湖畔
山の上で空気も新鮮
この間、マダム友数名で、
アフタヌーンカフェを楽しんでおりましたら、
そのうちのお1人が
1週間前に行ったリゾートのお話をされたんです。
お義母様も一緒で結構お疲れになったようですが、
宿泊先のホテルが素晴らしく、
かなりリフレッシュできた、
とおっしゃっておりましたの。
そのホテルは、杭州の西湖区にある
「杭州ウェストレイクヒルビューインターナショナルホテル」です。
そのマダム友曰く、
この時期は、ホテル近くにある西湖畔の太子湾公園に咲く、
チューリップがそれはそれは見事で、
赤やピンク、黄色の花が公園を鮮やかに彩っているそう。
それに、4月末まで水仙や桜なども楽しめるんですって。
色とりどりの花に囲まれるなんて、
花の子ルンルン、トレビア~ンですわ! 
彼女が選んだプランは
「ガーデンビュールーム+朝食2人分付き」だそうで、
部屋の窓から中国唐様式の庭園が見えて、
壮観だったようですわ。
調べてみると、
ホテルは南に玉皇山、
北に九曜山を臨む形で山間部に佇むリゾートなんです。
爽やかな空気を味わえるだけでなく、
美しい西湖へは徒歩15分ほどですわね。
40平方㍍以上のお部屋が200室、
1000平方㍍の広さを持つスパ、
さらに中華、洋食レストランと施設も充実していて、
ゆったりステイにピッタリですわ。
私もお義母様と一緒に行って、
美しい花々を眺め、
スパにレストランにと女2人でゆったり過ごそうかしら。 

春のお茶摘みを満喫
ホテル名に茶の神様
昨日、主人が突然
「上海近郊のオススメプランは知らないか?」
と尋ねてきたんです。
もしや2人で旅行に!? 
と感激しましたが、話を聞くと、
会社の上司御夫婦の上海近郊旅行を、
主人が手配することになったそうです。
ガッカリですわ…。
でもこれで主人の評価アップにつながるかもしれないし、
取って置きのプランを紹介いたしましょう! 
杭州市にあるお茶をテーマにしたリゾート
「杭州陸羽山荘リゾートホテル」です。
ここならお茶摘み体験をセットにした
「特別ルーム+陸羽茶園茶摘み&茶宴会2人分+朝食2人分付き」
というすばらしいプランがあるんですのよ。
杭州のお茶といえば「龍井茶」が有名ですけれど、
ここで摘めるお茶は、
「径山茶」という、ホテルのある径山鎮で採れる緑茶ですの。
こちらのホテルの敷地には、
ホテル直営の径山茶畑が広がっていて、
そこでお茶摘みを楽しめるというわけでございますのよ。
さらに、茶宴会と朝食2人分まで付いたこのプランが、
828元~だなんて、トレビア~ン! 
この一帯は「双溪竹海漂流区」という景勝地でして、
その昔、「茶聖(お茶の神様)」と言われる
陸羽がお茶に関する専門書『茶経』を著した場所なんですって。
ホテル名に神様の名前を冠するなんて、洒落ていますこと。
上司の奥様は茶道を嗜まれるそうなので、
ここならきっと喜んでいただけるでしょう。
主人もこれで株が上がって昇進すれば、
今度こそ旅行に行けますわね!

?農園イチゴ狩り体験
温泉施設も充実
ホテル検索サイトであれこれ探して、
プランや写真を見たりしているうちに、
私の旅行への想いは膨らむばかり…。
中でも、思わず妄想旅行に出てしまいそうになったのが、
「昆山東方雲鼎スパリゾートホテル」。
あの上海蟹で有名な陽澄湖近くのホテルですけれど、
素晴らしいプランを見つけてしまいましたの。
それは「豪華レイクビュールーム+フィッシュセラピー+
温泉+映画鑑賞+昆山星期9エコロジカルファーム入場券2人分+
ディナーバイキング2人分+朝食券2人分付き」。
もう至れり尽くせりでトレビア~ンなプランでございます。
こちらの昆山星期9エコロジカルファームは、
ホテル近くの有機農園で、
今は「イチゴ狩り」(30元/500㌘)が楽しめるんですのよ。
別料金でしたが、
ビニールハウスで栽培された真っ赤に熟したイチゴを摘んで、
すぐさま頬張ると、
甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。
皆さん早くから出てこられるので、
午前中に行かないと無くなってしまいますの。
それから、ホテルの温泉施設も充実しておりましたわ~。
陽澄湖底1800㍍から湧き上がる天然温泉が源泉で、
室内、露天合わせて5つの温泉がありますの。
ドクターフィッシュセラピーも楽しめて、
お肌がツルツルになりましたわ。
これならマダム友と来ても大喜びですわね。
…ああ、妄想ばかりしていても仕方ないわ。
イチゴ狩りのシーズンが終わらないうちに、
主人を説得しなくては! 

太湖のテーマパーク
乗馬でカウボーイ気分
主人が帰宅するなり、
「旅行にでも行かないか」なんて言うんですの。
珍しいこともあるものだわ~、
と思ったら、何でも知り合いの旅行会社の方から、
チケットを頂いたんですって。
しかもそこは、主人が前から行きたかった所だとかで、
早速ネットで調べてみました。
ふむふむ、少し変わった場所にあるようですね。
蘇州の太湖の真ん中にある西山島という
島にあるテーマパーク、
「太湖カウボーイカントリークラブ」。
名前の通りカウボーイ、
カントリーウェスタンをテーマにした
アミューズメントパークでございます。
今回私たちが頂いたチケットは、
「ウッドハウスルーム+牛仔村ツアー券2人分付き
(乗馬、筏、バギー、遊泳券込み)」というプラン。
アウトドア中心の盛りだくさんの内容で、
主人は大はしゃぎです。
このほか、西部劇を模した施設や有機農園、
綱渡りや迷路などのアスレチックと、
老若男女問わず楽しめそうですわ。
う~ん、トレビア~ン♪
宿泊施設の方は、
カントリーウェスタンらしく
宿泊用のウッドハウスが9棟もございますのよ。
ロシアから輸入したパイン材を使ったお部屋は、
木の香りとぬくもりに癒されますわね。
これなら1泊じゃ物足りないかしら…。
そうだわ、5月の連休に行きませんこと? 
ねぇ、あなた? 

~上海ジャピオン04月13日号

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP