上海ジャピオンの特集 記事

蘭州拉麺を徹底解剖

feature-v1

feature-v2

甘粛省蘭州市の庶民の味

上海で生活する者にとって、馴染み深い店の1つである蘭州拉麺。市内を2㌔ほど歩けば1軒は見つかる、というほどの店舗数を誇る。夜遅くまで営業し、1品15元前後と低価格な点も魅力。今や中国全土、ひいては海外にまで展開している。

同店の基本メニュー「牛肉拉麺」の発祥地は甘粛省蘭州市。正式名は「蘭州牛肉拉麺」と言い、起源は清代にまで遡る。

1915年、かつてこの街に、馬保子なる人物がいた。極貧生活から抜け出すため、彼は自宅で作った「牛肉麺(牛肉ラーメン)」を売り歩いた。しかしこれが全く売れなかったため、牛と羊の臓物をスープに入れたところ、その香りに釣られた村人が次から次へと買い求め、たちまち有名に。その後、店舗を持つようになり、子孫が後を継いでいった。この馬保子の牛肉麺こそが、今日の蘭州牛肉拉麺の元祖とされている。リュウさん曰く、蘭州の人たちにとってもはや常食で、毎朝食べているのだとか。

実は街の蘭州拉麺は…

さて、この蘭州拉麺だが、似たような清真系の店を含めると、市内に6万店以上ある。「小西北牛肉麺」(写真②)や「精品牛肉麺」(写真③)のように店名が異なる店舗もあるが、メニューはよく似ている。しかし、これらのほとんどは、青海省出身の人たちが開いた個人経営の店で、味も本場のそれとはまた異なる、とリュウさんは語る。ただ、中には蘭州市の公的機関「蘭州市商務局(蘭州市商務委員会)」と「蘭州商業聯合会」の認可を受けている店(写真④)もあり、リュウさんによると、こちらは本場の味にかなり近いのだという。

とはいえ、市民の生活にこれだけ浸透している蘭州拉麺。本場の味か否かはこの際置いておき、独特の店構えやメニューなど、詳しく追っていこう。

feature-v3

華麗な麺打ちショー

店名を「蘭州〝拉麺〟」というだけあって、メニューには麺料理が多い。店舗の多くは、客席から麺を打つ現場が見えるよう、キッチンからは離れた‘客席近くに麺打ち場を設けている(写真①)。作り置きはせず、オーダーが入ってから打ち始めるので、コシの強い打ちたての麺が味わえるのだ。

麺打ちは、体力的な負担から男性が担当する。基本は棒状にこねた麺生地を叩きつける↑ねじる↑引っ張る、の工程を5回ほど繰り返し(写真③)、その後かん水を加え、両端を切ってさらに引っ張り、麺を細くしていく。トン、トン、トンとリズミカルに麺を打ったり伸ばしたりして、太かった生地があれよあれよという間に、太かった生地が糸のように分かれていく光景は、まるで手品のよう。技術と経験が物を言いそうだが、早い人なら1週間、遅い人でも1カ月で習得できるとリュウさんは話す。

回族の料理人

店に一歩入ると、男性店員が皆帽子(ソンコ)を被っていることに気付く(写真④)。これは回族の習俗で、男性は30歳以上を過ぎると必ず被ることになっているのだとか。ちなみにこれらの清真料理店では、飲酒や喫煙、他店で購入した飲食物の持ち込みは厳禁なので要注意。

feature-v4

メニューは約100品!

気になるメニューだが、大抵の店舗では壁に写真付きの大きなメニューや料理名と価格の書かれた一覧が貼られている。中国語が苦手な人は、写真を指して注文することも可能だ。料理は、「特色面食(麺類)」、「蓋浇麺(具材ぶっかけ麺)」、「蓋浇飯(丼めし)」のほか、一品料理やスープなどに分けられ、計約100品といったところだろうか。

定番の「牛肉拉麺」は、牛肉と牛骨をベースにしたあっさりスープ。具材には、牛肉とネギ、パクチーが入り、追加料金で「目玉焼き」や「牛肉」などもトッピングできる。本場蘭州では、これにダイコンや葉ニンニクも加わり、スープもトウガラシが入ってもっと赤く、味も濃厚だ、とリュウさん。さらに、麺の細さや幅も選ぶことができるのだそうだ。細麺は、直径約1㍉の「毛細」、通常の細さの「細」、「細」よりやや太目の「二細」、さらに太い「三細」の4種類。また麺の幅は、約4㌢の「大寛」、それに次ぐ「寛」、「韮葉」、「二柱子」と続く。オーダー時には、メニューと一緒に伝えよう。太さや幅で味が変わってくるので、それぞれ試してみるべし、とリュウさんは力説する。

このほか、包丁で麺を削る実演を見られる「牛肉刀削麺」(写真⑤)や、幅が広く日本のほうとうに似た「牛肉烩麺」も人気。また、茹でた烩麺に羊肉とピーマン、タマネギ、さらには青ピーマン、エリンギとトマトソースがかかった「新疆拌麺(新疆風混ぜ麺)」(写真⑥)はボリューム満点でリュウさんの好物だとか。ぜひチャレンジしよう。

もちろん麺以外のメニューも侮れない。クミンの香り豊かな「孜然羊肉蓋浇飯(クミンと羊肉のスパイシー丼)」や、あっさりして食べやすい「青椒土豆絲蓋浇飯(ピーマンとジャガイモ炒め丼)」(写真⑧)も根強い人気だ。

また、壁のメニュー(写真⑨)を見ていると「羊肉串(羊肉の串焼き)」(写真⑩)や「牙簽羊肉(羊肉の爪楊枝刺し)」があるが、これらを頼んでみるとなぜか「没有」と回答されることが多い。問い質すと、「昔はあったが今はない」、「もともと出していない」などと言う。リュウさんによれば、イメージ写真としてメニューにあるだけとか…。何だか腑に落ちないが、ちゃんとこれらを出す店舗もあるので、試しにオーダーしてみるべし。

市内に数え切れないほど店がある蘭州拉麺。次ページから、その中でもオススメのお店を紹介していく。

feature-v5

敦煌楼蘭州清真牛肉拉麺

蘭州人が作る本格麺 本場の味を再現

最初に紹介するのは、普陀区の軌道交通「鎮平路」駅近くに位置する「敦煌楼蘭州清真牛肉拉麺」。蘭州市出身のオーナーが開いた同店は、前述した「蘭州市商務局」などの公的機関に認定されている店だ。

同店の看板メニュー「牛肉麺」(12元)は、ラー油を加え、少し赤く染まったスープが特徴。8段階から選べる麺の細さと幅で、味わいも変わる。そのほか、蒸した羊肉をガブリといただく「手抓羊肉」(45元/250㌘)や、麦のデンプンでできた「特色蘭州牛皮」(16元)も牛肉麺とぜひ一緒にどうぞ。同店は市中心からやや少し遠いが、長寧路436号にも店舗を持つ。

市内で最も本場蘭州に近い味と評判の麺を食お試しあれ!

feature-v6

長風清真館

長風公園憩いの料理店 料理は200品以上

お次は、長風公園近くの清真系レストラン「長風清真館」。20年以上この地に店を構え、付近では名の知れた店とのこと。週末になると、店内は近隣住民の常連客や公園を訪れたファミリーで満席になる。

同店はメニュー数が抜群に多く、その数何と200種類以上。また、やや濃い目の味付けも魅力のひとつ。名物の「新疆小盤鶏」(48元)はミニサイズながら、3人でやっと完食できるくらいのボリューム。秘伝の自家製トマトソースがホクホクのジャガイモとジューシーな鶏肉に絡み、一度食べ出すと止まらない。ちなみに、ソースはトマトのほか、カレー味も注文可。
公園に寄ったら、必ず訪れたい場所だ。

feature-v7

蘭州一拉餐庁

学生御用達の店 校外の隠れた学生食堂

「蘭州一拉餐庁」は、市の北部、五角場エリアの復旦大学近くに店舗を構える。昼夜を問わず同大学の生徒で混み合い、賑やかな声が鳴り響く。価格も学生向けに設定されているのか、平均15元以下と安く、おまけにボリュームも満点。

人気メニューの1つ「新疆干拌麺」(15元)は、一見スパゲッティのようだが、コシのある麺にトマト風味のソースがかかっており、羊肉やキュウリ、タマネギなどと一緒に混ぜて食べる。「干(乾)」の字が示す通り、汁気が少ないうえ、麺には下味の塩が効いているので、スープも一緒に注文するのがオススメ。

若い人たちに混じり、〝学生食堂〟の蘭州拉麺を味わってみよう。

feature-v8

精品牛肉麺徐匯店

街中の清真系料理店 珍しいメニューも

徐家匯の漕溪北路にある「精品牛肉麺徐匯店」。外観はどこにでもある清真系料理店だが、ビジネスエリアに位置しているため、ランチタイムにはサラリーマンやOLの姿が目立つ。

店長曰くイチオシは「紅焼羊肉」(40元)や「紅焼牛肉麺」(15元)とのこと。西北料理の〝紅焼〟とは、上海料理の「紅焼肉(豚の角煮)」のような甘い味付けではなく、トマトソースと油をベースにしたもの。また、牛肉の水餃子をトマトスープに混ぜた「牛肉烩餃」(18元)や「餅(パイ)」を麺状に切って炒めた「牛肉炒餅」(14元)など、ほかの清真系の店ではあまり見かけない料理も取りそろえる。

~上海ジャピオン2013年10月25日号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。