上海ジャピオンの特集 記事

公園でぼーっとする。②

社会人にオススメ オフィス街の公園でのんびり


淮海公園
 「チチ…、チチチ…」。上海を代表する繁華街のひとつ淮海中路沿いにある淮海公園では、都会の喧騒を遮るように小鳥のさえずりが響き渡る。美しい鳴き声の主は、近隣の住民が各自持ち寄ったカナリア(金糸雀)やガビチョウ(画眉鳥)などの愛鳥たち。園内の奥にある木立を覗くと、青いシートにくるんだ無数の鳥かごが枝に掛かっている。この様子が眺められるのは、平日の昼間だけだ。
「朝は5時、6時から。雨の降る日のほかは、皆たいがい来るね。日曜日は鳥も休ませないと」と持ち主たち。
まさに都会のオアシスのようなこちらの公園の利用法は、仕事の合間にちょっと立ち寄り、小鳥の鳴き声にしばし心を癒すのがオススメ。

アクセス
淮海中路117号
電話:6386-6377
開放時間:5時~18時
設備:ベンチ・トイレ

襄陽公園
 襄陽服飾礼品市場向いにあるこちらの公園には平日、週末を通して、ショッピングバックを片手に一休み感覚で訪れる人が多い。シンメトリーな並木が美しい入口部分を過ぎると、奥の方は思いのほか広々としており、ゆっくりと寝転べる芝生も備えている(4月末現在、芝生養生のため立ち入り禁止)。
さらに芝生を奥の方へ進むと、グッと年齢層が高くなり、新聞の閲覧コーナーや「阿藝館」という名前の麻雀やトランプをする施設がある。
 公園の上手な利用法は、並木道沿いのベンチであれば仲睦まじい恋人を尻目に人間観察、「阿藝館」であれば人生の先輩の勝負どころを観察しよう!!

アクセス
淮海中路1008号
電話:5404-2208
開放時間:5時~18時
設備:ベンチ・売店・トイレ

濱江公園
 黄浦江を見下ろす絶好のロケーションにある濱江公園には、平日のランチタイムになると、近くのオフィスビルからサラリーマンやOLが、ひと時の静かな休息を求めて足を運ぶ。観光客も少なく、車道からの距離もあるため、園内には行き交う船の汽笛だけが響き渡り、川沿いのベンチに腰を下ろすと、爽やかな風が吹き抜ける。
 「楓雅」や「ザ キッチン サルヴァトーレ・クオモ」などのレストランや「スターバックス」や「ハーゲンダッツ」などのカフェで、外灘を一望しながらゆっくりとランチやアフターヌーンティーを楽しむのが、こちらの公園の上手な利用法。

アクセス
濱江大道967号
開放時間:5時~24時
設備:ベンチ・売店・レストラン・トイレ

復興公園
雁蕩路105号
TEL:5386-1069
開放時間:5時~
設備:ベンチ、売店、レストラン、トイレ

黄浦公園
中山東一路500号
電話:5308-2636
開放時間:5時~18時
設備:ベンチ、売店、レストラン、トイレ

紹興公園
紹興路62号
電話:6437-7615
開放時間:5時~18時
ベンチあり、トイレあり

漕渓公園
漕渓路203号
電話:6438-0513
開放時間:5時~18時
設備:ベンチ、トイレ

~上海ジャピオン5月12日発行号より

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。