上海ジャピオンの特集 記事

週末市内バス旅

684-P1-1 684-P1-2

市唯一の2階建て公共バス

上海には、公共バスとしては市唯一となる2階建てバスの路線があるんすよ! それがこの「911路」っす。

同路線は本来、黄浦区の10号線「老西門」駅から、閔行区の「航中路」駅までを結ぶんすけど、2階建てバスはその一部区間である老西門~武康路間を走ります。ただ2階建てバスは、走行本数が毎日5便に限られていて、乗れるのは結構レアなんです。2階部分はやや天井が低い印象で、先頭の席はすぐ埋まってしまいますよ。

今回は「老西門」から乗車。バス停の周りは〝昔ながら〟のって感じのローカル風景が残っているんで、ぜひ散策してみてくださいね。乗車後、淮海東路を西進するんすけど、今の時期は街路樹の緑が視界いっぱいに広がっていて、老舗店舗やオシャレな店が立ち並ぶ淮海中路は結構キレイっすよ。

684-P2-1

市中心街を網羅する路線

上海市内を観光する2階建てバスのツアーは、「上海水陸通国際旅行社」の「BUS TOUR」と「上海春秋国際旅行社(集団)有限公司」の「都市観光」、主にこの2つが運営されてます。

両社とも人民広場や外灘など黄浦区一帯を回る路線、外灘と静安寺を周遊する路線、外灘と陸家嘴を観光する路線がメイン。また車両も屋根なし、屋根あり、半分がルーフトップの3タイプですが、ツアー内容は大差ないっす。値段は「BUS TOUR」が1人100元、「都市観光」が80元で、今回は「BUS TOUR」に乗って紹介していきます。

領収書提示で1日乗り放題

上の地図は「BUS TOUR」ツアーの路線図。バス停は、路線の重複部分も含め22カ所あって、どのバス停でも乗り降りできますよ。各バス停で待機するスタッフに100元を支払えばレシートが渡されるんで(「都市観光」の場合は運転手に支払い、カードを受け取る)、それを提示すれば1日乗り降りし放題ですし、赤・青・緑路線それぞれへの乗り換えもOK。自分たちの好きな時間で降車して観光できるという、ガイド付きツアーのようにコースがガチガチに決まってないのがありがたいっすね。

各席には、音声ガイドを設置。中国語や日本語、英語など8言語に対応していて、発音や表現もしっかりしているので安心してガイドを聞けますよ。

肌で風を感じ新鮮な気分に

今回はバス停「人民公園」から、まずは赤路線に乗車。バスツアーで通るスポットは、上海滞在歴が長い人にとって見慣れた場所ばかり。だけど普段より1階分高いところから、風を肌で感じながら見る景色はまた違ったものなんすよ! もうすぐ梅雨を迎えますから、しばらく雨の日が続きそうっすけど、雨が降っていない日はぜひルーフトップバスの2階に座りましょう。

外灘に到着したら、「外灘A」or「外灘B」駅で途中下車しましょう。最近、外灘にある歴史的建造物「和平飯店」や「中国銀行(上海市分行営業部)」など7施設が、微信公式アカウント「黄浦最上海」上で予約をすれば無料で観覧できるようになったんす。「和平飯店」は、平日12時~12時20分の20分間、「中国銀行」は月、火、木曜の12時半~13時15分の45分間開放していて、上海上級者でも楽しめますよ。

684-P2-2

外灘から陸家嘴へと移動

外灘観光を終え、青路線の同じく「外灘A」or「外灘B」駅に乗り換えて浦東新区の陸家嘴に移動。南浦大橋を経由するんすけど、屋根なしバスの2階に座れば気分爽快! ただ、しっかりシートベルトを締めないと危険だから気を付けてくださいね。

橋を通過した後は、しばらく住宅街を走行。その後ようやく、上海の新旧ランドマークの「上海タワー(上海中心大厦)」と「東方明珠塔」がお目見え。「上海タワー」では、展望台「上海之巓」や技術・アート空間「巓峰632」が昨年オープンしていますから、まだ観覧していない人はこれを機に行ってみるのもアリっすね。また「上海環球金融中心(SWFC)」や「金茂大厦」にも、展望台やスカイウォークのような楽しいスポットがありますよ。

最新情報をコースに組む

コース自体は、日本から遊びに来た家族や友人、来海間もない人を連れて観光するにはピッタリ。滞在歴2年以上の人は、日々発信される上海のイベント情報にアンテナを張って、このバス旅に組み合わせれば十分に楽しめます。ただ最終バスが18時前後と早めなので、夜景を楽しんだら地下鉄やタクシーで帰宅しましょうね。

 684-P3-1

陸家嘴の金融ビル群を周回

最後に、陸家嘴の金融街を中心に回る公共循環バス「陸家嘴金融城環線」を紹介します。この路線は「東方明珠塔」近くを出発し、上海タワー、9号線「商城路」駅、そして浦東南路を北に進み高層ビル群へと戻ってきます。車体がワインレッドとレトロな雰囲気がまたグッドっす。

夜は20時半まで走っているので、「平安金融大厦」や「恒生銀行大厦」、そしてお決まりの「上海タワー(上海中心大厦)」など、夜景巡りに適してるんすよ。その後は、商城路や東昌路付近に移動してショッピングやディナーも楽しめちゃうのもうれしいっすよね。

今回紹介した「911路」、「バスツアー」、「陸家嘴金融城環線」を押さえておけば、急に日本から来た家族や友人をアテンドできるんで便利っすね!

 

~上海ジャピオン2018年6月22日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。