上海ジャピオンの特集 記事

中国企業のM&A 最前線

01 02

世界の自動車産業を席巻

 中国の自動車メーカーで10強に入る「吉利集団」。会社設立は1986年で、当時は浙江省台州市に本社を構え、冷蔵庫メーカーとしてスタートした。

自動車産業に参入したのが97年。参入後に急成長を遂げ、2010年、米メーカー「Ford」の傘下だったスウェーデンの「Volvo Cars」を買収。その勢いで12年には、経済誌『Fortune』の「企業総収入ランキング」(以下世界ランク)でトップ500にランクインした。

さらに同集団は18年2月、「メルセデス・ベンツ」の展開で有名な独大手「ダイムラー」の発行済み株式総数の9・69%を取得し、筆頭株主となったことを明らかにした。欧州企業の経営に対して影響が強まるとともに、「ダイムラー」が力を入れる電気自動車(EV)の技術を取り込む狙いがあると言う。

03

日本電機メーカーを買収

かつて日本の電機産業を担ってきた「東芝」。テレビ・家電製品・パソコン…と、多くの電化製品を製造してきた。しかし中国の家電メーカー「美的集団」が2016年6月、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電を扱う「東芝ライフスタイル」を買収。

美的集団は、エアコンや洗濯機などの白物家電の販売を主に扱う。中国の家庭・企業であれば最低1台は同社の商品を購入しているのではないかと思われるほど、中国では有名な電機メーカーだ。国内にとどまらず、200の国・地域でも市場を広げ、16年の世界ランクで初めて500位以内に入り、今年は323位にまで上昇している。なお東芝は326位。

さらに同社は、ドイツで100年以上の歴史あるロボットメーカー「KUKA」も手中に収めるなど、ロボットやAI技術にも力を入れている。

04

市場独占へ拍車を掛ける

言わずと知れた中国の大手企業「阿里巴巴」。eコマース事業「天猫」やネット決済システム「支付宝(アリペイ)」を、多くの人は利用したことがあるだろう。

同社は昨年、〝東南アジアのアマゾン〟と言われる、シンガポールやマレーシアなど周辺6カ国で展開するeコマース企業「Lazada」を買収。同企業は独・ネット会社が2011年に東南アジアに設立したものだ。アリババが同企業を買収したことで、発展途上にある東南アジアを市場ターゲットに据え、さらなる事業拡大に拍車を掛けた形となる。

また国内に目を向けると、アリババはデリバリーサイト「餓了麼」を展開しつつ、デリバリー業界大手の「百度外売」を今年2月に買収。デリバリーや口コミ評価サイト、イベントチケット販売、スーパー経営と、アリババと美団が競っている。

05

M&Aを大規模展開して成長

中国にいる人なら誰もがインストールするアプリ「微信(We Chat)」。その運営を行っているのが、深セン市に本社を構える「騰訊集団」だ。「微信」以外にも「QQ」や「QQ音楽」、「騰訊視頻」、「騰訊地図」…など、ソフトウェアを中心に事業を展開。2004年には、中国香港の「香港証券取引所」に上場している。

そんな「騰訊集団」は16年、ソフトバンクが出資するスウェーデンのスマートフォン向けゲーム開発会社「Supercell」を約73億㌦で買収。この開発会社は、「クラッシュ・オブ・クラン」や「ヘイ・デイ」などの有名アプリゲームをリリースしており、基本サービスが無料のこの2ゲームで1日240万㌦(約2・7億円)を稼ぎ出したこともある。「騰訊集団」は04年以降にM&Aを大々的に進め、これまでのM&A取引額は537億元に上ると言う。

06

米の超名門ホテルを買収

誰もが一度は訪れたいと思う都市、米・ニューヨーク。その一等地に構える「ウォルドルフ・アストリア・ホテル」は、1893年創業の歴史ある名門高級ホテルだ。中国・清代の要人や、歴代の米大統領も宿泊するほど格式高いこの場所を、2014年に買収したのが中国の大手保険会社「安邦保険集団」だ。

同社は、中国国内31の省市で各種保険商品の販売や資産管理を行っており、顧客数は2000万人以上。昨年の世界ランクでは、過去最高の139位を記録するなど、創業からたった十数年で民営の〝エリート企業〟に上り詰めている。同企業はまた、サンフランシスコやニューヨークなどのランドマーク的ホテルを所有する「ストラテジック・ホテルズ・アンド・リゾーツ」を65億㌦(約7200億円)で買収。中国人が使うアメリカ旅行のマネーを拾い上げるのが目的という見方が有力だ。

07

世界最大の映画チェーンに

映画制作や映画館の運営、商業施設の所有などで知られる「万達集団」。映画なら「万達電影」、映画館なら「万達影城」、商業施設では上海市虹口区の五角場にある「上海五角場万達広場」が思い浮かぶ。なお創業は企業名通り、遼寧省大連市で不動産会社としてスタートしたが、現在は北京市に本社を構える。

同社は2012年、アメリカの映画館チェーンナンバー2だった「AMCエンターテインメント」を26億㌦で買収。アメリカの映画業界で一気にその名を馳せ、ハリウッドで「万達」を知らないスターはいないとも言われている。その4年後、同社の傘下となった「AMC」が米映画界4位だった「CarmikeCinemas」を買収、「AMC」が同業界で1位に。さらに「万達」はイギリスを拠点とする欧州の映画興行チェーンも買収して、世界最大の映画チェーンとなった。

08

日本の電機企業を傘下に

元々プラスチックやゴムを扱っていた「鴻海集団(前身は鴻海塑膠企業有限公司)」。1988年に広東省深セン市に進出後、パソコンや電子部品などの電子機器分野へと転換。なお中国大陸では、「富士康(FOXCONN)」の名を使用している。それからというもの、同分野で頭角を現し毎年増収はうなぎ上り、今年7月に発表された世界ランクは中国台湾地区でトップの24位に。ちなみにこの順位、「ホンダ」や「AXA」よりも上で、「Ford」の背中が見える位置だ。

「鴻海集団」は、〝液晶のシャープ〟と呼ばれた日本の大手電機メーカー「SHARP」を2016年に買収。これは、日本の大手電機メーカーでは初となる展開となった。その後も電子部品分野を中心にM&Aを実施。さらに同社の傘下となった「SHARP」は今年6月、「東芝」のパソコン事業を買収した。

09

ヒルトンをも手中に収める

赤い翼が目印の海南航空。本社がある海口市など中国国内はもちろん、東京や札幌、シカゴ、バンコク…など、世界各地を飛び回っており、搭乗したことがある人もいるだろう。その航空会社を抱えるのが、コングロマリット企業「海航集団(HNA)」だ。

同社は積極的にM&A政策を進め、フランスやケニアなどの中規模航空会社、航空輸送会社、機内食生産会社などの航空関連の企業を次々に買収。物流や旅行、金融業界などにも進出し、2016年にはついに、世界的ホテル企業「Hilton」の株式25%を買い占め、傘下に収めるまでに。ドイツ最大の銀行の筆頭株主にもなるなど、世界経済に幅を利かせている。なお財務体質を強化するため、同社はドイツ銀行の株式を売却すると見られている。

 

 

~上海ジャピオン2018年9月14日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。