俺のジャピコレ〜海南鶏飯

プルンとした鶏肉

あっさり味のライス

新型コロナ流行前は、定期的に中国香港へ出張に行っていて、仕事の合間や終わりに香港料理を食べるのが楽しみやったんやけど、今はまだ渡航が制限されとって行けず…。今日の夜はどこで食べようかと商業施設をフラフラ歩いてて見つけたんが、この広東料理レストラン「摩羅街」。小ギレイな店内だけど、1人客もちらほらおったし入ってみたで。

コメ系が食べたかったから「海南鶏飯」(68元)を注文。運ばれてきた料理は、色鮮やかな鶏肉が目を引くなぁ。酸味が特徴のチリソース、ジンジャーソース、甘めのダークソイソースに鶏肉を付けていただくで。鶏肉はツルンとした食感で、柔らかい。骨は基本付いてなくて食べやすくチキンライスも風味豊か。ちなみに鶏肉の黄色はターメリックベースのタレを塗ってあるかららしく、ほのかに薬草っぽい香りがするわ。

ここは1人向けメニューが少ないから、今度は家族と一緒に来るかな。

Info

店名  摩羅街(モォルオジエ)

住所  南京西路789号興業太古匯LG181×威海路)

TEL  5228-5266

営業時間  11時~22

席数  50

予算  80元~

~上海ジャピオン2020年10月16日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP