「目の違和感」

その症状、もしかしたらこんな病気の初期症状!
治療のカギは、早期発見。

【サイレンNo.45】
 最近目がショボショボする。
目覚めたとき、まぶたが眼球に張り付いているようで、すぐに開かない…。
心当たりのある人は、こんな病気の可能性が!

目の違和感(め いわかん)

 なんだか最近、目が充血しているし、疲れやすい。
さらに肩こりまで…。そんな人は「ドライアイ」に要注意!
 「ドライアイ」は涙の量が少なくなって、眼球の表面が乾燥し、傷や障害を起こす病気です。
涙は水分、粘液、油分から成り、まばたきのたびに目の表面に膜を作りますが、少なくなると膜が薄くなり、乾燥してしまうのです。      
 症状は、目がショボショボする、充血、疲れなど。
ひどくなると痛みだけでなく、視力の低下や「角膜上皮剥離(かくまくじょうひはくり)」という角膜を損傷する病気にもなりかねません。
 原因としては、長時間パソコン画面を見つめるなどの目の酷使、冷暖房による空気の乾燥、コンタクトレンズの装着などが挙げられます。
 予防にはケアが大切。蒸しタオルで目を暖めてから、指でまぶたの上から眼球を撫でるようにマッサージし、詰まった涙腺を開きます。
また、乾燥を防ぐため、エアコン使用時は加湿器をつけましょう。
パソコン画面を目線よりも下にセットするのも効果的です。
それでも症状が気になるようなら、病院で目薬を処方してもらいましょう。
 目の違和感を取り除いてスッキリすれば、仕事も今まで以上にはかどるはず!?

■今週の監修
平和クリニック 眼科医師
佐井優見 先生

※本記事は、チェックする目安に過ぎず、あなたの身体の状態を確定するものではありません。

~上海ジャピオン2月6日発行号より

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP