5月19日は中国初の旅行デー 各観光名所が半額か無料に

上海市旅行協会観光地分会は5月5日(木)、

今年から中国国家観光局が「中国旅行デー」と定めた19日(木)に、

市内でも各観光地などで、入場料を半額または無料にすると発表した。

半額となるのは、辰山植物園や野生動物園、濱江森林公園など。

さらに6日(金)には、上海のランドマークである東方明珠塔も、

当日通常135元の展望台を半額にすると発表。

他にも、?山にあるテーマパーク「ハッピーバレー(歓楽谷)」は、

19日(木)と20日(金)の2日間にわたって入場料を半額とする。

ただし、年間フリーパスは対象外。

また、江蘇省の水郷・周荘などでは、無料開放を実施する。

(5月7日)

~上海ジャピオン5月13日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP