上海で初の低温警報を発令 8日も気温マイナス6度か

上海気象台は2020年1229日(火)17時、24時間以内に気温マイナス3度以下になることが予想される際の警報「低温寒冷黄色予測警報」を発令。市中心部では30日(水)~31日(木)、最低気温マイナス5・9度を記録したことがわかった。
今回の低温予測警報は、市が19年に気象災害予報警報基準を変更して以来、初めての発令。市内各地では厳寒対策が行われ、楊浦区では除雪隊や緊急車両、物資などを準備した。

ほか21年1月7日(木)~8日(金)に掛けて、市中心部では再び気温マイナス6度前後を記録すると予想されている。

~上海ジャピオン2021年1月8日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP