昆虫館で盗難頻発 数千元のイモリも

浦東の「大自然昆虫館」で、入場客の盗難行為が問題となっている。
 1月24日(木)には数千元相当のイモリが昼時に盗難された。また、亀を盗もうとした男性が係員に注意される、センザンコウの標本から薬剤価値のある鱗が取られるなど、入場客の問題行為が頻発している。
 同館では、多くの飼育生物を開放式で展示しており、入場客のマナーが問われる事態となっている。(1月24日)

~上海ジャピオン2月1日発行号より

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP